おふくろの味 2

 手作りおやつと言っても、クッキーやケーキではなく、私の子供の頃、母が作ってくれたのは蒸しまんじゅうや焼き餅、それに夏はゆでトウモロコシ冬はふかしイモと云ったものでしたが、何となく懐かしく思い出されます。専業主婦だったからか、母なりに工夫して子供たちの為に作ってくれました。私は仕事を始めてからは娘に手作りおやつを作ってやった事は有りません。

 蒸しまんじゅうは鬼まんじゅうともいわれるサツマイモの入った蒸しパンですが、いま、既製品で売っているものとはちょっと違ってました。重層を入れてふっくらと仕上げてました。焼き餅は残ったご飯、そうちょっと臭い始めたようなご飯を洗って、小麦粉と混ぜ、砂糖を入れて油で焼いたものでした。ほのかな甘みが美味しかった思いが有ります。その、焼き餅について思わぬところで出会いました。8月10日の新聞です。終戦特集として戦中の食べ物で紹介されてました。母の焼き餅と違っていたのは生地には味付けをせず、味噌や醤油などをつけて食べると書いてありました。ご飯を無駄にしないで大切にしていた頃の食べ物だったようです。

 子供の頃から、貧しい中でもいろいろな料理に挑戦して作ってくれた母に感謝しています。この仕事に入って、食べ物に興味を持ち続けて少しでも美味し物を食べたいと思う気持ちを失わないでいられるのは母のお蔭かもしれません。


残暑

 ブログもすっかりご無沙汰してしまいました。猛暑の中、毎日忙しく過ごしています。8月は忙しくなくては困るのですが、今年は異常な暑さと年々間違いなく年は取って行っているので夏バテ気味です。治りかけていた膝も痛み出し、気力だけで頑張っています。

 そんな中、新しく出来た屋根の周りを赤とんぼが飛び始めました。立秋は過ぎたと云うのに、毎日30℃越えですが、秋は近づいて来ているのかなと思います。自然の世界、動物の世界には私達には感じられない何かが有るのかもしません。

 先日、久しぶりにツバメさんが飛んできました。彼らもそろそろ南の島に飛び立つのかもしれません、挨拶に来てくれたと勝手に思って「来年もまた来てね。」とつぶやきました。

 温泉祭りで始まった8月、市内のいろいろなイベントもほぼ終了し、そろそろ秋を迎える準備かな。とは云えもうひと頑張り。

 オカマちゃんの公演もあと10日あまり、9月、1ヶ月は休演です。アメージングタイランドの初演からずっと来てくれて、多くのファンを持っているミドリちゃんが次回公演には来日しません。ミドリちゃんファンの皆様、お見逃しなく。

 まだまだ、残暑は厳しそうです、皆様ご自愛くださいませ。


8月

 温泉祭りも無事終わり、少し落ち着きを取り戻した感じです。でもやっぱり夏休みで館内はお子様がいっぱいです。

 日中はどこも変わらないくらいの暑さですが、今年の夏は梅雨明け前を除いて、朝晩はとても過ごしやすい夏です。寝るときから朝はクーラーは点けないのが習慣でしたが、この2,3年朝から暑くて、といった夏をすごしてきましたが今年は大丈夫なようです。孫に迫られて、祭り見物に出かけましたが、そよそよと風もあり、暑い思いもせず見ることができました。

 お盆に向かい一年中で一番にぎやかな季節に入ります。お越しのお客様、道中どうぞお気をつけて。アルメリアで楽しい思い出をおつくりくださいませ。