託児所

 安倍首相が子育て中で待機中の女性に仕事をしてもらえるよう支援していこうと言っておられます。
 下呂市はほとんど、3年保育で待機保育園児はいないようですが、未満児と云われる3歳未満の子供の保育は枠が少なく、保育料も割高になるようです。そんな、小さな子供さんがいるお母さんに仕事をしてもらおうと我社は飛騨地区のホテル、旅館で唯一だと思いますが、託児所を設けています。さすがに1歳未満の赤ちゃんは預かれませんが1歳半位の子供さんからは預かっています。この業界は万年人手不足で、女将さん達で食事会などしますと必ず、「今、人足りてる。」と話題になります。託児所のお陰で若いお母さん達が働きに来てくれて本当に助かっています。
 わが孫も1歳7ヶ月から保育園に入るまでお世話になりました。保育士さん達は紙でいろいろなものを作ったり、平仮名の勉強をしたり、成長に応じて、はさみの使い方なども教えてくださいます。お陰で孫は保育園でははさみの使い方は一番上手とほめられました。子供を預かる事は細かい注意を必要とし神経も使うことと思いますが今のところは事故も無く運営しています。
 今は夏休み、小学生や保育園に行っている子供たちもこの時期は託児所にやってきます。大きい子供たちは小さい子供たちの面倒を見、小さな子供達はお兄ちゃん、お姉ちゃん達の言う事を聞いて、仲良く過ごしているようです。

 先日、岐阜県の保険所の立ち入り検査を受けましたが、担当者からお褒めの言葉を頂きました。これからも若いお母さんの働く場所を提供出来る様、頑張って行きたいと思います。

 
 


Posted by okami at 18:012件のコメント

“託児所” への2件のフィードバック

  1. 上田 哲男 より:

    はじめまして、政府などからは、大企業に対して社内に保育所や託児所の設置を提言していますが、企業負担も多くまだまだの状況だと思います。業界の先陣を切って設置されたこと素晴らしいと感じます。観光業界の発展の為にも若い女性の活躍が不可欠^^今後は、飛騨地区での保育業界に進出なんて事もあり?あっ8月の13日には、そちらにお伺いする予定です。楽しみにしています。上田拝

  2. okami より:

    >上田様、コメント有難うございました。スッタフの希望から託児所開設に踏み切りました。始めた時はわが孫がお世話になるとは思いもよりませんでした。私どもの業界は本当に人手の確保に苦慮しております。託児所を利用しくれているスタッフは「託児所があったからアルメリアに申し込みました。」と言ってくれてます。お互いの利益のため、確実に託児所は役立っています。これからも事故の無いように気をつけていきたいと思っています。
     ご宿泊の際は是非、お声をおかけくださいませ。